洗濯表示もISO

洗濯ものに出すとき気になるのが衣料品についている洗う方法の絵表示・・・ケアラベル。
いつもドライクリーニング表示の物が多いので本当かなと疑いながらクリーニングに出したりしていました。
手洗いマークや陰干しなど覚えきれませんでした。
そのケアラベルが12月1日から刷新されるそうです。
絵表示はなんと現行の22から41に増える!
今のマークでさえ覚えられないでいるのに、どうしよう。。。
洗濯表示の概念も変わるそうです。
今まではメーカーが適切と考えられる洗濯方法を表示していた(これ知らなかった)のが、12月からは洗濯する際の最も厳しい範囲の上限を表示する方法になるようです。
上限を表示するから、あとは自分で考えて洗濯せよということです。
表示の例として基本の5つを紹介されていました。
洗いは「おけ」、漂白は△、乾燥は□、アイロンはアイロン、クリーニングは○
これに様々な追加があり、おけの中に人間の手が描かれていれば手洗い、漂白の表示では酸素系(非塩素系)の漂白剤のみ可という場合を△と斜線で表記など・・・
ゴミの分別で苦労しているのに、今度は洗濯でも苦労しますね。
しばらくは旧ケアラベル(JIS)と新ケアラベル(ISO)が混在して大変です。
時代に取り残されないように変化についていかなければ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード