スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒ヶ根の観光についての話し合いに参加しました

先日、駒ヶ根観光協会の支部長会があり、会議の中では耳慣れない横文字言葉が飛び交っていました。
「ジオパーク」「日本版DMO」などで、「日本版DMO」という言葉は初めて聞きました。
これは、日本の観光は行政、観光業者、地域住民らの立場が分断されている現状があるので、地域全体の観光マネジメントを一本化するためのプラットフォーム組織のことのようです。
いつのころからできた言葉なのかわからないのですが、観光庁ができたあたりからなのでしょうか。
これからの上伊那は「中央アルプスジオパーク」や「三遠南信道」「駒ヶ岳SAや小黒川Pのスマートインター」などで観光開発が進むとおもいます。
今まで市町村がバラバラに進めていた観光についても「日本版DMO」が導入され地域が一体となって同じビジョンに向かっていくのが楽しみです。
自分の未来、会社の未来の話をする機会はあるのですが、こういった地域の未来の話に参加するのも刺激になって良いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。