スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短納期の機械が完成しました。

9月12日に受注した機械が完成し、
今日立会になりました。
2か月を切るスピードで完成させる事ができたのです。

始めは、こんな納期でできるのかなー
という思いでしたが、
なんとか、お客さんの要求に答えようと、
という気持ちでスタートしました。

受注後すぐに設計がスタートし、
一週間でほぼ構想図が完了し、
確認図に行くことができたのです。
設計のTさんの采配で効率よく進める事ができました。
確認図では、お客さんの持っているノウハウを伝えていただき
無事出図する事ができました。

組立からランニング終了まで3週間の予定でした。
チーフのSさんに
「3週間で完了しなければいけないんだけど、
やってもらえるかなー」と聞いてみると、
「大丈夫です。やり遂げます。」
と心強い答えが帰ってきました。
組立は4日で完了させ、休日を使って配線をやってもらいました。
2週目で電気調整とメカの位置出しが完了し、
3週目で、製品を最初から最後まで流す事ができました。
週半ばでサンプルを出す事ができ、
本日立会を受ける事ができたのです。

実は先週の月曜日から水曜日までチーフのSさんが
出張に出てしまったのですが、その間、若手のKさんとIさんが
調整を進めてくれていいました。
木曜日戻ってくると、機械はほぼ完成していて、
チーフのSさんは、
「自分の出番はもうなさそうだなー。」
と、うれしそうな、さみしそーな、話をしていました。

「よくこんな短い納期でできたね」と
Kさんに聞いてみると、
「設計がすばらしかった。問題がほとんどなかったので
後戻りする事がなかったのが良かった。」
「静的な位置出しをしっかりやった。
治具の位置出しは、±5μにだしました。」
といってくれました。
チーフのSさんは、
「組立の担当者が事前に分かっていたので
誰にどのユニットを組み立ててもらうか決める事ができた。」
「能力と難易度をバランスよく配分できた。」
という事でした。

全ての事がうまくいきました。
担当してくれたメンバーやチーフも
なんとか、この納期でやり遂げようという念で
真剣に取り組んでくてた事が大きかったと思います。
このうまくいった経験を他の機械にも応用して、
一か月で機械を作れる体質にしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

読んでいて、チームの一体感と課題の達成感がとっても伝わってきます。いいですね~。

実現目標が共認されて、課題、役割を共認して、チームが期待に応えようと全力を尽くし、こうやって評価も言葉にすると、充足もみんなに拡がっていきますね!

次回の報告も楽しみにしてます☆
プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。