ジブンガタリの効果

社内でのオフサイトが盛んに行われるようになりました。
その中では「ジブンガタリ」という自分自身のことを語り、自分を相手に知ってもらう時間が設けられています。

オフサイトの中でざっくばらんに語るにはこの時間は重要です。
自分と違う環境で育ってきた人間が自分と違う意見を持っていて当然ですから、相手を知るということは大切です。

自分は「ジブンガタリ」は自分にとっても意味ある行動だと思っています。

日本では対人恐怖症など「社会不安障害」が多いと言われています。
例えば人前で何かスピーチをしたり、芸を見せなくてはならないのは苦手……
これは「周囲から浮いてしまわないように」「恥をかかないように」といった意識が強い人に生じてしまう心の病気だそうです。

起因は様々なものがあるそうですが、思春期になり異性を意識するようになると、他人から自分はどう思われているか気になったり、他人にはベストの自分を見せたいという意識が強かったりすると、人の評価に敏感になり過ぎるそうです。
また、厳格な家庭で、いつも子供が叱られていたりすると、子供は自分に自信が持てず、劣等感を持ちやすくなり、他人の前で不安を覚えやすくなるそうです。
その結果、自分に対して自信をなくし自虐的に考え自分を過小評価し、社会不安障害になってしまっているそうです。
自分にも思い当たる点はいくつかあります。

これらの症状を解消していくのに「ジブンガタリ」が有効かなとオフサイトを経験して感じています。
自分を語ることで相手に自分を理解してもらえる。
他人は自分のことを自分が思っているほど過小評価していないなど、自分を改めて認知する機会になります。
結果的に無駄に自己の過小評価がなくなり、不安の生じる社会的状況でも自然に自分らしく振舞えるようになっていきます。

これからも多くの部署でオフサイトが実施されます。
「ジブンガタリ」をする機会があったら思いっきり語ってみましょう。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

対人恐怖症ってのは日本特有の病気らしい 引きこもり、対人恐怖症を生み出す日本って何なの?

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/10/22(月) 23:07:10.62 ID:7l2Giqw20 ?2BP(1000)みなさん、対人恐怖症は日本特有のもので、海外ではあまりみられない症状であることをご

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あすなろ

Author:あすなろ
自動機・省力化機械の開発・設計・製造組立の天竜精機

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード